大学生で一人暮らしの部屋を探そう~こだわりたいポイントを考える~

記事リスト

インテリア

選択に正解はない

持ち家にも賃貸にも、それぞれ特徴的な利点が存在しています。お互いに相反するメリットを持っていますので、自分や家族の好みや状況、今後の立川での生活をきちんと整理して、よりよい物件を選ぶようにしてください。

婦人

初めての方は基本を大切に

賃貸物件を探す経験というのは、そう何度もあるわけではありません。特に初めての方は何から始めてかよいか分からなくて当然です。まずは自分の希望条件を整理することから始めましょう。希望条件が固まったら、基本的な流れを意識して計画的に準備を進めてください。きっと立川で納得のいく物件が見つかります。

積み木

初めての物件選び

春から大学生になり一人暮らしを始めるのであれば、合格が決まったらすぐにでも部屋探しを始めます。部屋を探しているのは何も新大学生だけでなく、就職や転勤など引越しを伴う移動がある人も含めているため人気の部屋が埋まってしまわない内に行動します。

室内

物件を見つける方法

スマホサイトなどで立川の賃貸物件をチェックしてから、不動産会社に相談するのが、住まい探しの典型的な流れです。メゾネットタイプのマンションなどにこだわる場合にはリクエストサービスが便利であり、大家との交渉を通じて値下げしてもらうことも重要です。

メンズ

家賃の上限を考える

立川で賃貸を探す場合、家賃の上限を決めてからにしましょう。もちろん、これは賃貸に限って言えることです。全体的にアパートにしてもマンションにしても、一人暮らしなら10万円以下で探すことができます。後は周囲の環境などの条件をつけて探してみましょう。

こだわって探すことが大事

住宅模型

内覧でチェックしておこう

大学生になると一人暮らしを始める人も多くなります。一人暮らしの部屋選びはいくつかの注意が必要です。引っ越しにはお金も労力も使うので、なるべく間違いのない部屋選びをすることが金銭面や精神面での負担を少なくします。大学生の場合、自分で家賃を払う場合と、親が払ってくれる場合があります。親が払ってくれるのならば親が許す予算で選べばよいのですが、自分が払う場合は上限を最初にしっかり決めておくのが大切です。不動産屋に行くと条件に基づいて部屋を紹介してくれますが、上限より少し低めに伝えると確実です。家賃があがれば設備や立地もよくなるのが通常であり、そちらを見てしまうとそたらに惹かれてしまうためです。予算を決めた上で、こだわりたいポイントを考えましょう。一人暮らしが初めての場合、何をこだわるべきかわからない人も多いかもしれませんが、その場合は不動産探しのポータルサイトなどをみてチェック項目からこだわりポイントを探すのがおすすめです。大学生ならば大学からの距離は一つのポイントとなるので、その点も含めて考えておくとよいでしょう。すべて叶えるのは難しいので、優先順位をつけておくのがおすすめです。実際の雰囲気を確認するためにも、内覧するのも非常に重要です。また、大学生の一人暮らしでしばしば問題となるのが部屋の騒音問題です。安いアパートになるほど防音性は損なわれる傾向にあるので、防音性は確認しましょう。木造や鉄骨は響きやすいので注意しましょう。